No503.シャープテレビ(LC-37GD7)が映らなくなった

シャープ製テレビLC-37GD7(発売年月日2005年8月)
故障したので修理してほしいとお客様からの依頼がありました。
訪問してみると、メイン基盤とデジタル基盤が故障していました。

メイン基盤は定価31,500円 デジタル基盤も定価31,500円
この基盤は回転基盤となっており、元の基盤を返すと、どちらも7,800円(税抜)になります。これに修理代が約10,000円かかりますので、合計は約26,000円ほど。

最近はテレビも随分と安くなってきました。その上新品は保証もついているため、お客様は新品を購入されることになりました。

当サイトは、電化製品をできるだけ長く使っていただきたいという願いから運営させていただいております。しかし、今回のように使用期間7年、修理代が新品とあまり変わらない場合は、買い替えをお勧めする場合もあります。
それでも、“修理したい”と思われる方は1つだけ気を付けてください。
「回転基盤」は、まずは正規の定価金額が発生し、基盤を返した後で差額が戻ってきます。電気屋さんによっては、最初に定価金額がかかる場合もありますので、依頼される時は確認してくださいね。


電化の修理事例検索サイトページ一覧