No35.ファンヒーターは片づけましたか?

寒い冬にお世話になった『ファンヒーター』。
今年の冬もお世話になるために、大事にしまっておきたいものです。
寒くなったから、いざ使おうと思ったら壊れていた…なんてことは避けたいですね。

灯油が残っているから、梅雨の洗濯物が乾かない時期まで出しておく。
なんていう方もいらっしゃるかもしれませんが、ファンヒーターの仕舞い方って意外と大事です。


『灯油を抜く』

もちろん、これは基本です。

ファンヒーターを長持ちさせるためには、
本体タンク内の油もスポイドで抜き、下の汚れをふき取り、裏のファンのホコリを取り、最後はビニール袋などで包んでください。
灯油は夏の温度差で冬には裂罅しています。残った灯油を半年後に使用すると、私の長年の経験上“必ずと言っていいほどファンヒーターは故障します”ので、仕舞う時には気を付けてくださいね。

 

電化の修理事例検索サイトページ一覧