No105.東芝 石窯オーブンER-A9 (2004年製)使用中急にヒューズが飛んだ

質問内容

東芝 石窯オーブンER-A9 (2004年製)を使用中に急にヒューズが飛んで使えなくなりました。
使用期間は8年。
ほとんど毎日使っていますので故障でしょうか?愛着のあるものなので、できれば修理して使いたいのですがどのくらい修理費がかかるでしょうか?

回答

このような現象の場合、熱によるはんだ不良ではんだ付けの技術料だけで治る場合もありますし、コントロール基盤を替える場合もあります。
この場合、交換料と技術料が発生します。

こちらのお客様の場合は、熱によるはんだ不良だったため、技術料だけで解決しました。(当社の場合、6,000円程度)
通常、このような場合、メーカーに出すとコントロール基盤を替えることが多く、結構な金額がかかることが多いでしょう。


お子様が小さな頃から、一緒にパンやケーキを焼いてきた想い出のオーブンだからできれば修理して使いたい、とのお客様の声にお応えできる金額で修理ができ安心しました。
電化製品にもいろいろな歴史が刻まれますよね。
家電をこよなく愛する技術者としては、修理して使えるものは、できるだけ修理して永く使っていただきたいと切に願っています。

電化の修理事例検索サイトページ一覧