No.16 真空引きしていない新冷媒の超省エネエアコンについて

相談内容

1年前に新冷媒の超省エネエアコンを量販店で購入しました(取り付け時、真空引きはやっていないようでした)。
この度引越しをすることになり、引越し先はエアコン完備の物件であるため、取り外し、数年は使用せず保管することを考えています。
一度使用したエアコンを取り外し保管するということはできるのでしょうか?
①長期保管するに当たって予想される不具合、②取外し時の注意点、③保管中の注意点、④再度取り付ける際の注意点、について教えていただけますか?
時間をかけ、検討して、奮発して購入したエアコンなので、有効に活用したいと思っています。
よろしくお願いします。

回答

当社HPのご利用まことにありがとうございます。
がんばってお答えします。
エアコンの取り外し後、保管することは可能です。
また、注意点ですが、
1.必ずポンプダウンをする。(パイプに残ってあるガスをコンプレッサーにすべて戻す)
2.取り外すときは、晴れた日に行う(雨のときは空気中に湿気がありますので、パイプに湿気をつけないため)取り付けるときも同じ
3.パイプの両側と、室内・室外のパイプ接合部分には必ずキャップをつけること(虫が巣を作る)
4.雨がかかるところに保管しないこと
5.パイプは、曲げると折れますので、工事の人が丸めますので、そのままの状態で保管すること。
 邪魔になるとかの要因でパイプを伸ばしたり縮めたりしない。
6.パイプ・連絡線等は切断せずにきれいに取り外す。(本体から)
7.再度取り付けるときは、必ず真空ポンプを使用すること。
以上のことに注意すればOKです。
また、室外機にガスをためていますので、3方弁のキャップを必ず規定まで閉めておくことが重要です。
閉めが甘いと少しずつガスが漏れてしまいます。
また、新規取り付け時に真空引きを行っていないということは考えられません。
新冷媒のときは特に必要です。
参考になれば幸いです。

Re:

早速のご回答ありがとうございました。
10月には引っ越すので、迅速に対応していただき、そして、詳細に教えていただき、とても助かりました。
教えていただいた注意点に気をつけて作業を依頼します。
工事は引越し業者(大手の会社になると思います)に頼んでも大丈夫ですよね?

電化の修理事例検索サイトページ一覧