No.58 パナソニックのエアコン(CS-X508A2)F96表示

体験談

今回の体験談は、お客様からエアコンが故障した!っと依頼があったわけではありません。
別件で、お客様宅を訪ねました。
その際、作業中にエアコンの異変に気付いたのです。
エアコンが異常を知らせる時は、タイマーのランプの所が点滅するという特性があります。(運転ランプ点滅もあり)
たまたま目に入ったお客様のエアコンはタイマー部が点滅してるではありませんか。
そこで、お客様に「エラーでてますよ。」って伝えました。
「エッー!」っといった感じで、お客様自身も気づかれていなかったようです。
診断したところ、F96というエラーコードが出ていました。
このエラーはトランジスタモジュール温度過昇保護というエラーです。
これは室外機側で加温を感知すると出るエラーになります。

対応

このエラーが出る症状としては、
①室外機のファンが回っていない。
②室外機の前に物が置いてる。(ファンの風が抜けない)
③室外機の基盤不良
この3つが考えられます。
そこでさっそく、外に回ってみると室外機の前には室外機とほぼ同じぐらいの大きな壺が…。
これでは、さすがに風が抜けないのでエラーが出るとな思いました。
壺をずらし、エアコンを再度運転すると正常に動き始めました。
お客様に伝えると、外の片づけをしてるときにずらしてそのまま置いてたそうです。
こういった事もありますので、くれぐれも室外機の前に障害になるような物は置かないように気をつけていただきたいです。
*このエラーは表示の仕方はメーカーによって違いますが、エアコン全般ででるエラーとなっています。

電化の修理事例検索サイトページ一覧