No.83 ナショナルのIH炊飯器(SR-DG18H)蓋が取れた

相談内容

ナショナルのIH炊飯器(SR-DG18H)なんですが、蓋が取れました。
このままではご飯も炊けないので困っています。
蓋の後ろの部分が折れてしまい、直るかと思って接着剤で付けましたが全然ダメでした。
修理が出来るんなら修理して頂きたいです。

回答

最初は蓋の開きが悪いとの事でご連絡をいただきました。
さっそく修理にお伺いしてみると、蓋を支える所の部品の所が割れて折れかけていました。
このままでは使えないので指で押さえながら開けてください!っといって部品が届く1~2日間使ってもらうことになりました。
押さえながら開けば大丈夫だったのですが、すぐに「完璧に折れてしまって蓋が取れた…」って事で連絡を受けました。
貸し出し用の炊飯器がありましたのでそれを持って再度お伺いさせてもらいました。確認してみると、完全に折れてしまって支えがないので蓋がポロっと取れてしまいます。
支えている部品名はヒンジカバーといい(ARE40-B33JWU)という品番になります。部品は210円です。部品自体はかなり安いのですが、これに少しの交換技術料という形になります。
交換は、炊飯器の後ろ側についているカバーを外します。そして、中に配線がありますのでそれを切らないように再度はめて止めればOKです。
貸し出し用の炊飯器より今回修理したほうの炊飯器のご飯の方がおいしい!っと言っていたので、早く直せてよかったと思いました。

電化の修理事例検索サイトページ一覧