No137 panasonicテレビ 

相談内容

91年製のTH-32WG20というテレビですが、見ている最中突然オフタイマーが入ったような切れ方がしてその後主電源は入るのですが、映像受信ができなくなりました。
赤から緑に(主電源)ランプが変わらなくなりました。
最近テレビを移動しましたがその他思い当たる事はありません。
ブラウン管の故障でしょうか?他に何か考えられる事がありますでしょうか。
ブラウン管の故障だと費用はどの位かかりますか。

回答

当社HPのご利用まことにありがとうございます。
電源回路の故障で、トランジスタ、コンデンサ、ダイオードの交換が必要です。
修理金額は、11,000円から14,000円でしょう。
ダイオードなどが故障したために、保護が働き電源が入らなくなっています。
一度コンセントを抜いて10秒ほど待ってから入れると電源が入る場合があります。
これは、コンセントを抜いたときに保護がリセットされるためです。
しかし、修理は必要です。
また、部品はまったく交換せずに、トランスの半田浮きのみで直る場合があります。
その場合は、8,000円ほどです。

電化の修理事例検索サイトページ一覧