No.36 SONY TV(KV-13DS1)のFBTの件 

相談内容

楽しくHPを拝見しております。
以下の点教えていただきたくお願いします。
1982年製のSONY TV(KV-13DS1)が水平同期が乱れた直後、音声、ラスターともにきれました。
テスタで電圧を測定した結果、FBTの一次側200Vはありますが、その他一次側と2次側の電圧はありません。
電圧が無い以上、FBTの故障だと思いますがいかがでしょうか?
CRTがまだ十分使える状態です。
20年前のTVですから新品同型のFBT(回路図記号 T503)の入手は難しいと思いますので、ジャンク品でも探して取り替えようと思いますが、入手先はあるでしょうか?
半田等修理はできます。

回答

当社HPのご利用まことにありがとうございます。
フライバックの2次側に電圧が無いということでやはりフライバックの交換が必要でしょう。
部品の供給は、調べてみないと分かりませんが、焦げ臭いにおい等はしませんでしたか?
フライバックが焼けたときは、通常こげたにおいがします。
また、よーくフライバックを見てみると小さい穴があいているときがあります。
このどちらかを確認できれば、フライバックの交換が必要でしょう。
また、フライバックのみでは直らないと思います。
付近にダイオードがありますが、このダイオードのオープン・ショートによるものが多く、これらのせいでフライバックの故障を引き起こしていることがあります。
ダイオードと、Q501等のトランジスタも同時交換になることがよくあります。

電化の修理事例検索サイトページ一覧