No.471 東芝34BS200の修理について

相談内容

東芝製テレビバズーカですが、画像、音声が出たり出なかったりで、その間隔がだんだん大きくなってきました。
メーカー修理を依頼したところ、CCD基盤の交換が必要だが部品が無いので修理不能とのことです。
画像が映らない状態でもチャンネル表示の数字や、音量を示すバーはきれいに出ています。
御社での修理解決事例を見て、藁をもすがる思い出メールさせていただきました。
CCD基盤と言う部品自体の修理は可能でしょうか?
もし直していただけるなら部品だけ取りはずしてでも何とかして生き返らせたいと考えております。
メーカー修理担当者の話では、万一CCD基盤を取り替えても続けてほかの部分が悪くなることも有り、なんとも言えませんとか言います。
もう寿命と考えてあきらめなければいけないものでしょうか? 

回答

お問い合わせありがとうございました。
当社でいろいろ検討してみた結果ですが、CRT基盤のみではなく、もうひとつ、IC交換もしくは半田浮きがありそうです。
また、まことに残念ながら、テレビなどの高圧電流がある機器の修理に関してはたいへん危険ですので、部品の供給を行っておりません。
当社としましても、何とか修理できるものは行っていきたい気持ちですが、お役立ちだと思ったことが、かえって危険な目にあわせることがあります。
特に、テレビや電子レンジの修理は、注意事項がいくつもありたいへん危険です。
申し訳ありません。当社にテレビを送っていただいての修理も可能ですが大型テレビですので、送料等のコストが大きくなります。
メーカーに部品があるかどうかは確認しておりませんが、お近くの電気店に出張修理をご依頼されたほうが、よさそうです。

もうひとつ、私の所見ですが、年数が11年ですので、修理代金が1万5千円以下であれば修理をされたほうがよいと思いますが、それ以上になる場合には、買い替えをオススメします。
10年を超えると、ひとつの部品を交換すると、すぐに別の部品を交換しなければならなくなるケースが多いためです。
この度はお問い合わせまことにありがとうございました。お力になれずに申し訳ありませんでした。

電化の修理事例検索サイトページ一覧