No.486 TVの地上デジタルにともなうアンテナ工事

お知らせ

来年(平成23)の7月24日で地上アナログ放送が終わります。
今のブラウン管テレビではテレビが見れなくなってしまいます。
地上デジタル放送をご覧いただく場合は、今お使いのアナログテレビ地上デジタルチューナーを付けると見れるようにはなります。それか、地上デジタル対応テレビに買い替えるかで見れます。他にもケーブルテレビを通して見る方法もあります。
よくあるのが、テレビやチューナーを買う前にアンテナをデジタル仕様にしてほしいという問い合わせをもらいます。
今のアンテナじゃ映らないでしょ?など色々。
今現在デジタル放送をしている局にUHFアンテナが向いていればほぼうつります。UHFアンテナは細長いヤツです。
大きなVHFアンテナはデジタル放送では使いません。
アンテナが数十年たっていて古い時などはやはり受信度が弱くなり映らない時もあります。そういった時に新しくアンテナを立て替えさせてもらっています。全部一気に新しくしたい!とかであればその時は立て替えもさせてもらっています。
まずは、テレビをデジタル仕様にしてもらってそれから映らなければアンテナ工事っという流れの方が経済的でもありますのでオススメします。
まれにというか、山の近くに住まれている方でどうしてもデジタル放送が入らない所もあります。そういう場所はうちのような電器店では対応できない場合もありますので、総務省とうにご連絡いれていただき現地調査などをしてもらうのをお勧めします。
どうしても、入らない所などは、共同アンテナを立てるという事もあるみたいです。
ですので、まずはテレビのデジタル化をオススメします。
ギリギリでデジタルテレビを買って映らない!っとかを防ぐためにも早め早めがいいかと思います。

電化の修理事例検索サイトページ一覧