No.2 ビデオデッキ 再生・早送りできない

相談内容

色々と探していてこちらのサイトに辿り着きました。宜しくお願い致します。(National製ではないのですが、良いのでしょうか?)
最近「ビデオデッキ」の調子が悪くなり、テープの出入れは出来るのですが、「再生・早送り・巻戻し」が出来なくなってしまいました。
少し動いては直ぐに止まってしまいます。
画像は全く写りません。
機種は少し古いですが「MITSUBISHIHV-F3」です。
修理に掛かる費用を色々と検索しましたが、大体が¥7,000・9,000~とありました。
修理するより、買い替えた方が良いでしょうか?
変な質問ですみませんが宜しくお願いします。

回答

当社修理相談所を御利用ありがとうございます。早速ですが、回答させていただきます。
ビデオデッキには部品の中にベルトや、ゴム、歯車などが多数使われています。
これらは、年数がたつと、伸びたり磨り減ったりし、テープを入れても、再生巻き戻しなどが出来ずにとまってしまう原因となります。
これらの歯車、ゴム、ベルトは消耗品と呼ばれ、時期が来れば、必ず交換しなければなりません。
故障ではありませんが、これらの修理費用、部品を合せると12,000から15,000円ほどになります。
現在ビデオそのものの価格が安くなりましたので難しいところとなっております。
使用年数が、6年以内で当時の購入金額が、10万以上でしたら、修理を!!
それ以外でしたら買い替えをお勧めします。
御質問などあれば、返信してください。

電化の修理事例検索サイトページ一覧