No.83 ナショナル洗濯機(NR-F60PX3)脱水が出来ない

相談内容

最近、ナショナルの洗濯機(NR-F60PX3)で脱水がうまくできません。
脱水が終わったと思えば、ビショビショだったり、脱水回っているのにゴトゴトっと音がしてまた水が入ります。
もう購入して6年ぐらいたつので古いから壊れてしまったんでしょうか?
修理できるのなら修理をお願いします。

回答

脱水がうまく出来ず、ゴトゴトっとなるのはメカケースの異常が考えられます。
メカケースとは、洗濯槽の一番下にあるセパレーターという部分と洗濯槽を回す所になっています。
そこで、槽とセパレーターを回すときの切り替えが行われています。
洗濯機からゴトゴトっと音がするのは洗濯物の片寄りでなります。
そして、片寄りを感知するとそれを直そうと再度水が入るっという形になります。
それがなんども繰り返されるので、ビショビショだったりゴトゴト音がなります。
メカケースを交換することでほぼ直ります。それと、よく洗濯機を見ると洗濯槽が定位置より下がっていました。
洗濯槽というのはバネで支えられています。長年使うとそのバネもへたってくるので洗濯槽が下がるということになります。
下がった分洗濯槽が揺れますのでゴトゴトなったり洗濯物が片寄ったりします。
それが今回の原因のようでした。
ですので、メカケースと洗濯槽を支えている防振吊り棒を交換させてもらいました。
メカケースを交換するのには特殊な道具がいりますのでお客様での交換というのは難しいと思います。
防娠吊り棒もばらさないと交換できませんので難しいと思いますので、もしゴトゴト音がなったり脱水できないとかあれば、一度販売店などに見てもらうことをお勧めします。
メカケースは3,990円で防娠吊り棒は3,780円になります。これに+技術料ということになります。
交換途中にも、お客様が古いから~とか買い換えた方が~とか言われてましたが、修理すると直ります!っと言うとやっぱり嬉しそうに、「なら修理してまだがんばってもらおっ!」って言われていました。まだまだ修理すれば使えますのでこれからも長年愛用してもらおうと思いました。

電化の修理事例検索サイトページ一覧